子どもの最善の利益を守り、地域・保護者と共に
その福祉を積極的に増進する
 
●心身ともにバランスのとれた子どもの成長を育む保育
 子どもはかけがえのない存在であり、人格が尊重され乳幼児期に多くの幸福な生活 体験をすることは大事なことです。 
 生き生きとした自己表現、自然の中での体力づくり、豊かな人間関係の基礎を育む ことに考慮し、心身共にバランスのとれた子どもの成長をめざして保育しています。
 
☆心身ともに豊かな子ども
☆思いやりのある子ども
☆意欲をもつ子ども
☆たくましい子ども
☆自分で考えて自分で行動できるこども